リーダー/メンバークラス向け

DX Workshop(プランニング編)」
「DX Workshop(システム開発/運用体感編)

DXへのレディネスを高めたい方へ

DXがビジネスに与えるインパクトや新技術のあらましを1~2日でコンパクトにお伝えするコースです。
所属する事業部別に、2つのコースをご用意しています。

DX Workshop(プランニング編)~DXに向けて何を考え、どう行動するかを体感する~

(事業部門・リーダー/メンバークラス向け)

日数 1日
価格 詳しくはお問合せください
対象者 これからDXを推進する業務に携わる事業部門の担当者
到達目標 ・DXとは何かを説明できる
・DXを考えるための枠組みを理解し、事例を読み取り、自分なりに置き換えできる
・DXを推進する際の思考・行動のポイント、課題の乗り越え方を理解できる
・DXを考えるための流れ、思考方法を理解し、実践できる
概要 DXは社会やさまざまな産業において、業界破壊や変革を生み出しつつあります。また、VUCAとともに事業のライフサイクルが短期化しており、既存事業だけでは企業が存続していくことが難しい状況にあります。
このような変化に対応するためには、技術知識だけではなく、DXの本質と技術との関わりおよびDXが生み出す本質的なビジネス価値を理解する必要がありますが、用語の理解だけではDXを実際に推進することはできません。
本ワークショップは、前半にDXの類型、DXを推進する上で必要となる進め方や思考、行動などを学習いただいた後、後半ではDXプランニングのワークに取り組んでいただきます。
DXプランニングワークは、ステップバイステップで自社、担当事業、またはお客様のDXを如何にして進めていくか、講師や受講者同士での相互コミュニケーションを得ながら、DXプランニングフレームワークに沿って自らがDX推進に向けた企画を考え・発表いただくことで、実業務にも生かせる内容となっています。
学習項目 ・DXと関連技術
 例) デジタルトランスフォーメーションとは
・DXを考える枠組みと事例
 例) DXの類型(ゴール類型と実現類型)
・DXの実践視点
 例) DX時代の事業変容・変革、顧客・従業員・パートナー視点の事業創造、業務変革
・DXの進め方と思考の要諦
 例) DX推進の心得、必要な思考と行動
・DXプランニングワークショップ
開催形態 オンライン形式 ※Zoomでの配信を予定しております

DX Workshop(システム開発/運用体感編)~変化するシステム開発のあり方を体感する~

(IT部門・リーダー/メンバークラス向け)

日程 2022/9/14~9/15
価格(税抜) 120,000円
対象者
  • ・これからDXを推進する業務に携わるIT部門の担当者
  • ・これまでウォータフォール型のWebシステム開発/運用を担当してきたエンジニア
到達目標
  • ・DXとは何かを説明できる
  • ・DX時代を支える技術要素とは何かを説明できる
  • ・DXにおいて注目されている各技術要素が果たす役割を説明できる
  • ・DX時代におけるシステムの開発プロセスや体制がどのように変化するかを説明できる
  • ・CI/CDを体験し、CI/CDのイメージが明確にできる
  • ・課題解決やサービス提供をスピーディに行うためのポイントを理解できる
概要 DXによって、社会やさまざまな産業において業界破壊や変革が生み出され、事業のライフサイクルも短期化し、既存事業だけでは企業の存続が難しい状況にあります。このような変化に対応するためにはクラウドネイティブシステムを効率的に企画や開発、運用・保守していく必要があります。

本ワークショップは、DX時代を支える技術要素および、DX時代のシステム開発が現在どのように変化しているのかを理解していただくことを目的としています。前半に変化するシステム開発のあり方を学習後、後半はグループ演習として社内アプリのブラッシュアップをアジャイル開発にて取り組んでいただきます。
プロダクトオーナー役の講師と協力し、アジャイル開発を進めていく中で、開発体制やチーム内の動きなど、DX時代のシステム開発に起きている変化を体感していただくことができます。
学習項目 ・DXの定義
・クラウドネイティブシステムの概要
・クラウドネイティブシステムが果たす役割
・AIの概要(活用事例を含む)
・AIが果たす役割
・IoTの概要(活用事例を含む)
・開発プロセスの変化
・開発・運用体制の変化
開催場所 オンライン形式 ※Zoomでの配信を予定しております